tabi ONE

旅行とお出かけを100倍楽しく!

【岩手】龍泉洞近くの日帰り温泉でひっつみ定食を食べる|キャンプ泊の方にもおすすめ

f:id:Natty7:20170710230615j:plain

龍泉洞に行った後は、日帰り温泉に入って郷土料理のひっつみ料理を食べようという記事です。洞窟内の様子を少しと、龍泉洞から徒歩圏内にあるリーズナブルな温泉宿を紹介します。洞窟探検でアドベンチャーを体感した後は、温泉でたっぷり癒やされてください。

龍泉洞

総延長1,200m。高低差の大きいのが特徴。日本の中でも特に大きな洞窟では無いようですが、高い天井のスケール感のある空間と、空間をつなぐ細い通路、そして何より透明感のある地底湖が有名です。地底湖にはロマンを感じます。洞窟好きな私の中でも、見どころがあって好きな洞窟です。

龍泉洞 - Wikipedia

 2016年の台風によって浸水し、暫くの間閉鎖されていたようですが、2017年3月19日に再開したようです。私が訪れたのは、5月上旬だったので、水が濁ってたりドロドロだったらどうしようなどと心配しましたが、完全に綺麗で本来の姿を取り戻していました。復旧のために頑張ってくれた方に感謝!

営業時間と料金

営業時間 8:30~17:30
(5~9月)8:30~18:30
料金 大人:1,000円
小人:500円

龍泉洞周辺の地図

周囲には駐車場とお土産屋しかありません。道路を挟んで向かい側に古い洞窟もあります。同じ料金で両方いけるので忘れずに行きましょう。

日帰り温泉の場所もプロットしておきました。

 

龍泉洞 探索

 あまりに有名な、地底湖。JRのポスターにもなっているので見たことがある人も多いのでは。透明で奥の方まで見えます。

f:id:Natty7:20170710230621j:plain

出口付近の階段から下を見下ろすと、洞窟の深さを実感できる。

f:id:Natty7:20170710230625j:plain

断面図です。横方向からの地図は見慣れなく洞窟ならではといった感じ。まだ探索中の誰も見ていない空間があるということらしいです。道中にこのような展示がたくさんあります。こういうのは見ているだけで楽しいです。

f:id:Natty7:20170710230628j:plain

入り口前のカフェ

龍泉洞入口前にはなぜかカフェがあります。それなりにおしゃれな作りを意識している感じです。それなりにです。テラス席から目の前の小川を見下ろせます。この小川では、魚が放たれていて渓流釣りが出来ます。道具も借りれて子どもたちがキャッキャ言いながら釣に励んでいます。そんな光景をみながら食べる、あげパンソフトクリーム。

味は想像通りです。以上でも以下でも無いです。間違いない味ですね♪

f:id:Natty7:20170710230600j:plain

近くの日帰り温泉龍泉洞温泉ホテル

入浴料 500円

龍泉洞から徒歩10分くらいのところにある龍泉洞温泉ホテル。ホテルにも駐車場もありますが、龍泉洞の駐車場に停めて徒歩でいっても問題無いでしょう。ここでの日帰り入浴が超がつくほどおすすめです。決して特筆すべき温泉ではありませんが、近いし値段も手頃なのが良い。龍泉洞の駐車場に車をとめたまま温泉宿に泊った気分に浸れます。規模の大きな旅館風ホテルでしっかりしてます。フロント前で靴を脱いで上がるところが旅館ぽくてほっとします。

名物 ひっつみ定食がおいしい

温泉に入った後は、腹ごしらえ。

日帰り入浴者専用の休憩スペースで食べれます。スーパー銭湯などである座敷みたいなスペースです。

けんちん汁のように見えますが、優しい味付けのダシがとても美味しいし、ごはんもボリュームあります。料金は600円くらいだったと思います。(正確に覚えて無くてすみません。)

f:id:Natty7:20170710230607j:plain

以上、温泉までの移動時間を含めても2時間あれば満喫出来ます。 

まとめ(所要時間)

今回のトータル所要時間は5時間

  1. 洞窟探検の所要時間は1~2時間
  2. 色んな展示物をみると、アドベンチャー心をくすぐられて楽しい
  3. カフェ滞在1時間
  4. 温泉所要時間は2時間

料金 合計 2,100円

  1. 龍泉洞入場料:1,000円
  2. 温泉:500円
  3. ひっつみ定食:500円

少し時間を作って、のんびりして行ってはいかがでしょうか。